女の子

気の利くプチギフトで感謝を伝えて仲良くなろう

愛を込めたサプライズ

花束

プロポーズは愛を込めた花束と一緒に行なうとロマンチックです。しかし選ぶ花を相手や状況に合わせて考えないとロマンも台無しです。プロポーズに最適な花言葉を持つ花で相手を喜ばせましょう。花選びは、プロポーズする季節に合わせて選ぶのも良いですし、逆にその季節に合わせてプロポーズすることもできます。春に行なうのなら、真っ赤なチューリップや、白くて可憐なすずらん、可愛らしいマーガレットなどがオススメです。赤いチューリップには「愛の告白」という意味があります。すずらんは「幸福が訪れる」や「清らかな愛情」、マーガレットは「真実の愛」といった意味を持ちます。春の季節なら、この中から相手の雰囲気に合わせて選ぶのも良いでしょう。夏なら、朝顔やひまわり、桔梗などを用いると良いでしょう。朝顔は「固い絆」「愛情」といった花言葉を持ちます。ひまわりは「あなただけを見つめる」、桔梗には「永遠の愛」という意味があります。秋のプロポーズならカトレアやリンドウ、ブバルディアなどを取り入れてはいかがでしょうか。カトレアは「純粋な愛」、リンドウには「誠実」という花言葉があり、ブバルディアは「幸福な愛」「愛の誠実」という意味を持ちます。ただし、花言葉でもリンドウや朝顔にはマイナスのイメージの言葉もあります。使う時には、「こういう意味がある」とプラスの花言葉を伝えるようにしましょう。単体でも華やかですが、合わせると雰囲気がまた変わるので面白いものが作れます。寒い冬の季節ならプリムラで「永続する愛情」を伝えても良いでしょう。